ISO/IEC 17025:2005認定試験所のマシスは、最新の分析装置と高度な技術で信頼性の高い分析結果をお届けします。

生鮮食品別(FOODS)パッケージ

残留農薬の基準値が設定されている項目を各生鮮食品毎にパッケージ化しています。
パッケージは、平成21年12月4日現在を基に構成されています。
残留基準値は都度更新されますので、更新後(ご依頼時点)の項目が採用されます。
現在の項目と多少違う場合があります。ご注意下さい。
各生鮮食品に於いて残留基準値が設定されている全項目から、フッ化スルフリル・硫化カルボニル・酸化プロピレン・ヨウ化メチル・鉛・ヒ素・リン化水素・シアン化水素・臭素(臭化メチル)・ジチオカルバメート・ミルネブ及び標準品が販売されていない等の理由により分析が不可能なものを除外して構成しています。
不検出項目及び含有してはならない項目も除外しています。
除外項目にミルネブを追加しました。2013/01/11 up
FOODS