ISO/IEC 17025:2005認定試験所のマシスは、最新の分析装置と高度な技術で信頼性の高い分析結果をお届けします。

試験品の必要量

食品分析の必要試験品量及び送付先、送付の際の注意事項等(食品・土壌など)

試験品に関して(食品・土壌など)

試験品は、規定量を送付下さい。
わずかな量で分析を行いますと、分析結果にバラツキがでます。
尚、お預かりした試験品の保管は、分析結果報告日より1週間です。
1週間後に廃棄しますので、ご注意下さい。

分析対象試験品(パッケージ分析適用)

1. 加工食品・健康食品・食品原料・飲料水・農産物
2. 畜水産食品(食肉・鶏卵・乳・魚類・水産動物・貝類)・生薬・土壌・河川水

分析対象外試験品(パッケージ分析対象外)

1. お問い合せ下さい。

試験品の必要量

各パッケージの最低必要量は、HPに記載されている通りですが、分析結果のバラツキを少なくするため
なるべく厚生労働省の 規定量を送付下さい。

1. 加工食品・健康食品・食品原料・農産物・生薬・河川水・パッケージ分析 500g 
2. 農産物は、規定量
3. 葉菜類は1kg以上、根菜類は2kg以上
4. すいか・かぼちゃ・白菜などおおきなものは、5個以上
5. 清涼飲料水・畜水産食品(食肉・鶏卵・乳・魚類・水産動物・貝類) 500g 
6. 土壌 1kg
7. 水質管理パッケージ 2L

試験品の送付方法

気温により変化しやすい物は、冷蔵及び冷凍で送付してください。
注意が必要な場合は、ご連絡ください。

試験品の送付先

株式会社 マシス 食品医薬品安全評価分析センター
〒036-8104 青森県弘前市大字扇町ニ丁目2番地7
Tel.0172-29-1777  Fax.0172-29-1776
TOF-MS分析の必要試験品量及び送付先、送付の際の注意事項等(TOF-MS)

試験品に関して(TOF-MS)

試験品の性質などの情報を依頼書に記載して下さい。
尚、お預かりいたしました試験品の保管は、分析結果報告日より1週間です。 ご注意下さい。

分析対象試験品

1. 生体・動物・爬虫類・昆虫・甲殻類
2. 食品(加工食品・生鮮食品・畜産食品・水産食品・健康食品)
3. 医薬品・生薬
4. 植物・海洋生物・海洋植物
5. 土壌・河川水
6. 各種有機物
7. その他

分析対象外試験品

1. 気体
2. 爆発性の物質
3. 法律に準拠しないもの。(麻薬など)
4. 水・メタノールなどで希釈した際、固化及び糊状になるもの。
5. その他

試験品の必要量

1. 100mg or 100μL 以上

試験品の送付方法

気温により変化しやすい物は、冷蔵及び冷凍で送付してください。
注意が必要な場合は、ご連絡ください。

試験品の送付先

株式会社 マシス 食品医薬品安全評価分析センター
〒036-8104 青森県弘前市大字扇町ニ丁目2番地7
Tel.0172-29-1777  Fax.0172-29-1776
生体検査の必要試験品量及び送付先、送付の際の注意事項等(生体)

試験品に関して(生体)

試験品は、お客様で処理後送付して下さい。
血液などは、抗凝血剤の種類によって上手く分析できない場合があります。
情報を依頼書に記載して下さい。
尚、お預かりいたしました試験品の保管は、分析結果報告日より1週間です。
1週間後、滅菌処分します。ご注意下さい。

分析対象試験品

1. 人(全血・血漿・血清・尿・組織・尿など)
2. 動物(全血・血漿・血清・尿・組織・尿など)

試験品の必要量

250μL以上

試験品の送付方法

気温により変化しやすい物は、冷蔵及び冷凍で送付してください。
注意が必要な場合は、ご連絡ください。

試験品の送付先

株式会社 マシス 食品医薬品安全評価分析センター
〒036-8104 青森県弘前市大字扇町ニ丁目2番地7
Tel.0172-29-1777  Fax.0172-29-1776