ISO/IEC 17025:2005認定試験所のマシスは、最新の分析装置と高度な技術で信頼性の高い分析結果をお届けします。

ポイントその1:検査証明書の検査項目がしっかりているとアピールするには
パッケージ分析の農薬項目は、理由付けがしっかりしてなければなりません。
むやみに、多項目を検査するのは、コスト面からお勧めしません。 輸入品ならば、検疫所の指針に添った検査項目になります。(IFMシリーズ
国内の生鮮食品なら、農薬の散布履歴に添った項目と残留農薬の基準値が 設定されているものを選択される事をお勧めします。(FOODSシリーズ
ポイントその2:分析事業所の実態を把握するには
実際分析しているかを聞き取り調査されると良いでしょう。
ポイントその3:分析事業所の実力を把握するには
環境省の登録機関であれ厚生労働省の登録機関であれどの様な分析機関でも外部精度管理への参加の確認と複雑な分析を受託しているかどうかで判断される事をお勧めします。
チェックその1:ISO/IEC 17025:2005とは
分析方法(試験対象・試験項目・試験方法)ごとに認定を受けます。
試験所で行っている全ての試験業務を対象に認定しているわけではないので確認される事をお勧めします。